TOPページ治療のご案内 > 花粉症

花粉症ってやっぱり春になるの?

花粉症は春だけのものではありません。

一般に春のイメージが強いのは、その頃にスギ・ヒノキという日本人にとってアレルギー反応が起こりやすい花粉が飛散するためです。

この他にもイネ科の植物(カモガヤなど)やキク科(ブタクサなど・・・欧米ではもっとも多い)の植物など様々な植物で花粉症になる可能性があります。

詳しくは、花粉症を引き起こす植物のページへ。

正常な鼻粘膜

花粉症もアレルギー性鼻炎?

もちろん花粉症もアレルギー性鼻炎の一種です。

アレルギー性鼻炎は通常、「通年性」のものと、「季節性」のものに分類されますが、花粉症は「季節性」に分類されるアレルギー性鼻炎と言えます。

詳しくはアレルギー性鼻炎のページへ。

アレルギー性鼻炎

花粉症の治療法は?

治療法はアレルギー性鼻炎の場合と同様です。患者さまごとのライフスタイルに合わせて、薬の強さや眠くなりやすさなどを考慮に入れて処方いたします。

薬物療法

最も一般的に行われている方法です。抗アレルギー薬(ヒスタミン等の化学物質の遊離を抑制する薬)、ステロイド点鼻薬等が主に使用されます。これらの薬を症状に応じて使い分けて症状の改善を図ってゆきます。

手術療法

強い鼻づまりがあったり、薬物療法等で鼻づまりの改善がみられない場合に手術を行います。手術の方法は色々とありますが、現在では炭酸ガスレーザーを用いて鼻の粘膜の表面のみを焼く手術が主流です。
この方法は外来手術で可能で、疼痛、出血等の合併症もほとんどみられません。

詳細は「レーザー治療」のページをご覧ください。

手術療法

市販の鼻水止めでは駄目なの?

市販の鼻水止めも一定の効果がある場合もありますが、薬の合う合わないは個人差があるものです。患者さんの症状を診ながら処方を行ったほうが、効果が出やすいことや副作用を防ぎやすいというメリットがあります。

教えて先生!花粉症を防ぐ方法はないの?

花粉の飛散量は残念ながら調節はできませんが、予め自分がどのような花粉によってアレルギー反応がでるか、原因を知っていればそれに応じた対応が可能です。
当院の患者さまの中にも、ご自身のアレルギーの原因を調べた上で、テレビなどで飛散量を確かめ、マスクやメガネなどで花粉の侵入をブロックしたり、飛散量に応じて薬を飲む飲まないを調整されている方もいらっしゃいます。

高槻やまもとクリニック 院長 山本 和弘