TOPページ治療のご案内 > 中耳炎

中耳炎ってなーに?

中耳炎は、鼓膜の奥、中耳と呼ばれる部分が炎症を起こす病気です。また、中耳炎は大きく次の3つのタイプに分かれます。

  1. 急性中耳炎
  2. 滲出性中耳炎
  3. 慢性化膿性中耳炎

それぞれ治療法が異なりますが、いずれもしっかりと完治させないと悪化してしまう可能性があります。

詳しくは中耳炎サイトをご覧ください。当院の中耳炎治療に対する取り組みはこちらのページをご覧ください。

正常鼓膜

それぞれの中耳炎の特徴をおしえて!

急性中耳炎

乳幼児の8割方は一度はかかる中耳炎です。カゼなどの炎症の後で中耳にも炎症が起こるケースが殆どです。症状としては、「耳が痛い」「耳だれが出る」「発熱」などが挙げられます。
現代ではお薬が効きにくい中耳炎が増えてきており、時代とともに小さなお子様の治りが悪くなってきています。放置しておくと、滲出性中耳炎や慢性中耳炎に移行する場合があるため、注意が必要です。

急性中耳炎
急性中耳炎(鼓膜炎)

滲出性中耳炎

滲出性中耳炎は、滲出性中耳炎のページへ。

慢性化膿性中耳炎

中耳(鼓膜の奥)に起こった炎症が慢性化してしまい、中耳の粘膜がひどくダメージを受ける病気です。症状としては鼓膜に穴があき、耳だれが継続して出てしまい、難聴になる場合もあります。痛みに関しては、感じないか、あってもそれほど強くありませんが、急性化膿すると痛みが強くなります。

急性中耳炎の治療が不完全なまま放置した結果起こる場合が多く、真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん:耳の奥に真珠のような塊ができ、耳の骨を破壊しながら増殖していく困った中耳炎)などに発展した場合は手術が必要になります。

慢性化膿性中耳炎

高槻やまもとクリニックではどうやって治すの?

急性中耳炎については耳の中を清潔にして、中耳炎の根本原因でもあるお鼻の症状の改善を行うとともに、ご自宅ではお薬を飲んで頂きます。

通常は約1週間程度で治りますが、特にお子さんの場合などは個人差で治りが悪い場合があります。その場合はしばらく治療期間がかかります。
また、炎症の状況によっては鼓膜に少しだけ穴を開け、痛みや熱をやわらげる場合もあります。

慢性化膿性中耳炎はパッチによる治療などを必要に応じて行います。

詳細は中耳炎サイトをご覧下さい。
当院の中耳炎治療に対する取り組みはこちらのページをご覧ください。

教えて先生!急性中耳炎ってどうしてこんなに子供に多いの?

お子さんはまだ発育段階であるため、「耳管(じかん)」と呼ばれる、耳と鼻をつなぐ管が短く、そして水平であり、鼻の細菌が耳管を通して耳の中耳に移動しやすいために起こります。

お子さんの場合、多くの子がかかるものですから、中耳炎になったことを嘆くよりも、まずはしっかりと完治させてあげることが重要だと思います。

他の中耳炎に移行することも多いので痛みがなくなったからといって安易にご家族の方が「もう治った」と判断せず、医師の診断に従うようにしてくださいね。

高槻やまもとクリニック 院長 山本 和弘