TOPページ治療のご案内花粉症 > 花粉症を引き起こす植物について

花粉症ってやっぱり春になるの?

アレルゲンの種類と飛散する時期
  • スギ(ヒノキ科)

    スギ(ヒノキ科)
    春の花粉症の主原因となる。また、11月、12月の温かい日に花粉を飛散することがある。
  • ヒノキ(ヒノキ科)

    ヒノキ(ヒノキ科)
    本州以西の広く分布する常緑針葉樹。スギ花粉症患者の約70%はヒノキにも感作されている。スギ花粉飛散終了後でも症状が継続する場合、ヒノキが原因の可能性がある。
  • ハルガヤ(イネ科)

    ハルガヤ(イネ科)
    道端に生えるイネ科の多年草で全国に広く分布する。カモガヤと同様にハルガヤ花粉症患者では、症状が長期化する可能性がある。
  • カモガヤ(イネ科)

    カモガヤ(イネ科)
    牧草として広く栽培されるとともに、土留めとして高速道路沿いに植えられている。晩春から夏にかけて花粉が飛散する。カモガヤ花粉症患者では症状が晩春から秋まで持続する可能性がある。
  • ブタクサ(キク科)

    ブタクサ(キク科)
    全国の荒れ地に広く分布するキク科の一年草で、高さが1mほどになる。近緑に形態が似ているオオブタクサ(高さ2m以上)があり、両者には強い共通抗原性がある。
  • ヨモギ(キク科)

    ヨモギ(キク科)
    本州、四国、九州に分布するキク科の多年草で、高さが0.5?1mほどになる。同時期に花粉を飛散するブタクサとの共通抗原性は低い。